-下戸がお酒と上手く向き合う-

下戸のためのGEKOBLOG

食べ物

お酒を飲む前に食べると良いものは何?二日酔い対策や効果効能も!

投稿日:

アルコールをたしなむ機会の増える年末。

飲みすぎて二日酔いなんて事にはなりたくないですよね。

二日酔いは大量に摂取したアルコールを、肝臓が分解しきれずに起こる症状です。

防止するためには、飲みすぎない事が1番なのですが、日頃から良質のタンパク質やビタミン類を多く含む食品を摂り、肝性能を高めておく事も大切なのです。

では、如何にやって肝パフォーマンスを高める事が可能なのでしょうか。

飲む前に食べた方が良いイチ押しの食べ物をご解説します。

二日酔い阻止・防止に効くのは「脂肪」

なぜ脂肪が良いのか

諸々な材料の中で、二日酔い阻止、防止に最も成果が高いのは「脂肪」です。

脂肪は胃の中ではおおかた消化・吸収されず、その下の十二指腸ではじめて消化され始ます。

その上、他の食品と対比しても吸収に長い時を要します。

その結果、アルコールの胃での吸収を大幅に防ぎ、しかも腸での吸収速度をゆったりにする事から急激な酔いを防止する影響に優れています。

地中海ではスプーン1杯のオリーブオイル、ロシアではバター

二日酔い阻止・防止策として、飲酒前に空腹を減らすのは万国共通ですが、食べるものは各々国従って異なります。

ヨーロッパの地中海で飲酒前にスプーン一杯のオリーブオイルを飲むという習性は世界中で著名となった二日酔いの防止・防止技術です。

他にも、ロシアでは飲酒前にバターやサワークリームを食べ二日酔い防止をする事が広く知られています。

これら脂肪分を飲酒前に軽く取る事で二日酔いの阻止に大きな成果があるとされています。

飲酒前だけでなく、飲酒中に脂肪分の多々あるナッツ類を取る事も二日酔いの防止・防止に大きな成果があります。

直前でもサラダで二日酔い防止

前もってに食事を取る事ができなかった事例でも、乾杯の前にサラダ(ドレッシングをたくさんかけたもの)をとったり、ナッツ類、スプーン一杯のゴマを食べる事で二日酔いの阻止・防止に影響があります。

サラダのドレッシング(ノンオイルを除く)には十分な脂肪分が内蔵されており、二日酔い防止・防止には影響的です。

飲む前に牛乳は二日酔い阻止・防止には成果なし

お酒を飲む前に牛乳を飲んでも二日酔いの阻止・防止にはおおかた影響はないのです。

訳は上述食品と対比すると脂肪分が4%程度しか内蔵されず、胃や腸でのアルコール吸収を防ぐ影響が全くないためです。

牛乳の他に成分を二日酔い対策で一考すると血管を収縮する作用が内蔵されるため、二日酔いのズキズキ頭痛に成果はありますが、飲酒前に飲んでも影響はないのです。

それ故、飲酒前の牛乳は単純に空腹を防ぐ事にとどまり、他の食べ物を食べて空腹を防ぐ事と大差はないのです。

お酒を飲む前に牛乳を飲む事を勧められる事が多かった所以は、昔の日本においては脂肪分を含む食品が少なかった事に由来します。

今現在のようにわりと何でも手に入りやすいご時世だと、飲酒前の牛乳は二日酔い防止・防止には影響が高いとは言えなくなっています。

脂肪分を取りたくない事例は緑茶がイチ押し

二日酔いは阻止やりたいけども脂肪分は太るから取りたくないという人のケースは緑茶がベストチョイスです。

緑茶にはカテキン(フラボノイドの一種)が内蔵され、アルコールなどの栄養吸収を阻害する影響があります。

このカテキンに目をつけたのが花王のヘルシアです。

花王のヘルシアは350mL当たり540mgの高濃度茶カテキンが内蔵されており、二日酔い防止・防止には大いに優れています。

但し、高濃度茶カテキンの取り過ぎは外国で何個かの肝性能障害の症例がでているため、取り過ぎには配慮が必須です。

さらに、煎茶、玉露、抹茶にはカテキンは内蔵されないまたは微量のため、二日酔い阻止・防止には影響がないのですのでご用心下さい。

 本日の整理

まとめると、以下の食品が飲む前に食べると良いものです!

タンパク質を多く含む食品

肉類・乳製品・魚介類・卵・豆類・大豆製品

ビタミン類を多く含む食品

ビタミンA:レバー・うなぎ・ほうれん草ビタミンB1:豚肉・玄米・胚芽米・大豆・ごまビタミンB12:牡蠣・レバー・卵ビタミンC:ブロッコリー・レモン・キウイすきっ腹でお酒を飲んでしまうと吸収されやすく、ますます二日酔いのきっかけに。

飲む前には絶対小量でも何かを食べるようにしましょう。

牛乳・チーズなどの乳製品

アルコールは消化される事なく体内へすばやく吸収されます。

その後、肝臓で分解されますが、分解されるケースにタンパク質を不可欠とします。

飲酒前にタンパク質が豊富な乳製品をとり入れる事で、アルコールの分解が早まり酔いが覚めやすいといわれています。

梅干し・かんきつ類などのクエン酸

肝臓の働きをよくし、活発にしてくれる働きがあるので、酔いが回りにくくなります。

飲んでる最中は良質なタンパク質やビタミンが豊富な冷奴や枝豆が推奨ですよ。

万が一二日酔いになってしまったら、水分をちゃんと補給し、アルコールを体外に排泄しましょう。

※健康、ダイエット、運動等の手法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的なコメント、知識で、絶対成果がある事をサポートするものではないのです。

-食べ物
-

Copyright© 下戸のためのGEKOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.